テープ起こし

テープ起こしのコツ -ちょっとの工夫でグンとよくなる!-

テープ起こしは、録音音声を聞ききながら、それをテキストとして入力していく作業です。
テープ起こしの質を高めるためには、なんといっても音に集中すること。
音への集中力というのは、経験を積むことでだんだん身についていきます。

でも、それとは別に、ちょっとした工夫によってテープ起こしの品質を向上させることも可能です。
そんなテープ起こしのコツを紹介していきます。

タイムカウントを入れる

5分や10分の短い音声を起こす時には必要ありませんが、1時間、2時間といった長い音声を起こす時には、10分おきぐらいにタイムカウントを入れるといいでしょう。
別に切りのいいところでなくても構わないので、10分に1回ぐらい、音声データの何分何秒のところなのかメモしておくわけです。
例)1.05.23
聞き直しの際に、このタイムカウントが非常に役立ちます。
(納品の際には、仕様に合わせてタイムカウントの削除を忘れずに)

聞き取れなかったところは専用の記号を入れる

繰り返し聞き直しても、どうしても聞き取れない。そんなこともあります。
そのような箇所には■■とか●●といった記号を入れておきます。
視認しやすいように、黒くベタ塗りの記号がおすすめ。

単語メモを作る

専門用語や難しい単語が出てきたときは、その単語の意味や読み方を調べ、単語メモを作ります。
時系列や人間関係が複雑な時は、年表や関係図を作るのもいいですね。

納品したテープ起こし原稿を、チェックする人、編集する人がいます。
後工程の人のために、メモで情報を共有するわけです。
このひと手間が、依頼者との信頼関係を深くします。

また、用語集を作っておくと、続きの音声を頼まれたときに便利。
学術会議やセミナーなどはシリーズで開催されることが多く、リピート依頼のチャンスです。

聞き直し

文章を書くとき推敲が大切なように、テープ起こしにおいては聞き直しが大切です。
一度テープ起こしを終えたあと、その原稿を見ながら、もう一度音声を聞き直してみましょう。

録音状態がよく間違いなく起こせていると思ったときでも、結構な聞き間違いをしているものです。
また、一度目では聞き取れなかった単語も、時間を空けて聞き直すと聞き取れたりすることがあります。
聞き直しによって、原稿の精度は飛躍的に上がります。

テープ起こし原稿を自分で使うぶんには一度聞きだけでも支障ないかもしれません。
しかし、それをクライアントに納品するような場合には、最低でも1回、できれば2回は聞き直しをしたいところ。
2回目以降の聞き直しでは、倍速再生などを使って時間短縮するのも手です。

=====

テープ起こしの仕事は、決して表に出ることのない黒子です。
だからこそ、丁寧な仕事をすることが大切。
ひと手間が、次の仕事につながります。