フリーランス

マンモグラフィーで肩こり解消!?

マンモグラフィー受けてきました。

私が住んでいるエリアでは、40歳を超えると偶数年齢の年に1回、特別価格で乳癌検診を受けることができます。

ということで、2年ぶり2回目の乳がん検診に行ってきました。

前回は叔母が乳癌で亡くなったばかり、今回は母が乳癌の手術をしたばかり。

癌が遺伝するのであれば、乳癌になりやすい遺伝子とか持っていそうな感じであります。

受けたのは、マンモグラフィーと触診です。

マンモグラフィーはおっぱいのレントゲン。

板におっぱいを挟んで、ぎゅぎゅーっと押しつぶしてレントゲン撮ります。

これが、めちゃくちゃ痛いんです。

でも実は私、このマンモグラフィーが結構好き。

別に私がドMだというわけではなく、マンモグラフィーを受けたあとって、なぜか肩凝りがすごく楽になるんです。

授乳期間中に乳腺炎を起こしまくっていた私、もしかしたら肩凝りが原因だったのかも。。。

 

フリーランスで仕事をしていると、健康管理が重要です。

体調を崩しても有給休暇なんてありませんし、代わりに仕事をしてくれる人もいません。

見方を変えれば、私の代りなんて山ほどいるとも言えますね。

健康診断も保健室もないフリーランス、健康管理は仕事のひとつだと思っています。

「40を過ぎたら、これまでのツケがまわってくるんだよ」と、ある健康系のセミナーで言われましたが、ひしひしと感じる年齢になってしまいました。

健康は日々の積み重ね。。。とは思いつつ、晩酌だけはやめられない。