仕事・学び

付箋しおり術

本のしおりにいつも困っています。

書店で買った本にはたいていしおりがついていますが、ネットショップや図書館の本にはしおりがありません。

そういうときはレシートを折りたたんでしおりにしたり、付箋を使ったりしています。

 

先日、知人が本に何枚も付箋をつけていたので、「資料に使うの?」と聞いたところ、「これ、しおりだよ」と。

不思議に思っていると、付箋を活用した読書促進術を教えてくれました。

1日1枚、付箋をしおりとして使うのだそうです。

日が変わったら、前日使ったしおりは付けたままにしておいて、新しい付箋をしおりとして使います。

こうすることで、1日でどのくらい読み進めたのかが一目瞭然。

とても励みになるのだとか。

さっそく私も真似してみました。

家事に育児に仕事にバタバタしていてなかなかまとまった読書の時間がとれない。
そんな人にこそ活かせる技だと思います。